Reaperのテーマを紹介
たくさんあるReaperのテーマの中から
3つほどピックアップして紹介します。

skin_000101
skin_000102

私が現在愛用しているテーマです。
純正のスキンに比べ、機能的で使いやすいスキンです。
スキンと一緒にカーソル用の素材も配布されています。

skin_000201
skin_000202

上記のReabornと同じ系列のスキンです。
Reabornに比べ文字や配色がとても見やすくなっています。

skin_000301
skin_000302
知っている人が見るととても既視感を感じるスキンです。
Reaperの作りになっていること意外は、ほぼ元ネタどおりです。




・カーソルについて
今回のReabornのように、
たまに"Cursors"と書かれたフォルダが付いていることがあります。
これは導入するとReaperのカーソルを置き換えてくれます。
cursors_001

導入方法は、
メニューの"Options" -> "Show REAPER resource path..."からリソースフォルダを表示。
その中にある"Corsors"フォルダへ中身をコピーすれば導入できます。
cursors_002