Reaperのテーマ(について
Reaperの大きな特徴の一つが、膨大な数のテーマ(いわゆるスキン)です。
単に色が変わっただけのものから、完全に見た目が変わってしまうものまで、
ユーザーがカスタムしたたくさんのテーマが各所で配布されています。
skin_01
Reaperの初期テーマ(は大体こんな感じですが、テーマ(を導入すると…
skin_02
このようにまったく別物に変えることが出来ます。

Reaperのテーマは公式フォーラムで配布されていることが多いです。
ココココで探すといいかもしれません。

Reaperのテーマは".ReaperThemeZip"という拡張子のついたファイルです。
このファイルをリソースフォルダ内の"ColorThemes"
というフォルダに入れることで使えるようになります。

skin_03
リソースフォルダはメニューの"Options" -> "Show REAPER resource path..."を
クリックすると表示されます。
skin_04
ファイルをフォルダに入れたあと、
メニューの"Options" -> "Themes"の中に追加したテーマの名前が表示されるので、
それをクリックするとスキンが適用されます。
skin_06

使いやすいテーマは、作業効率やモチベーションの向上につながるので、
ぜひ使いやすいテーマを見つけてください。

今後このブログでもテーマの紹介していくので、
よろしければそちらもご覧ください。